感動を呼ぶ塗装工事・屋根工事を実現するために

代表インタビュー

取締役社長松山 伸太郎

img
経験年数
11年
所有資格
窯業サイディング塗替診断士・外壁診断士・足場の組立て等作業主任者・オートンイクシード認定施工者
趣味
旅行・子供と遊ぶこと
img

お客様と真正面から向き合い、最適なプランを提案し、
お客様に感動していただける仕事を心掛けます。

QUESTION 01

社長になった理由は?
(塗装業界へ入った理由)

子供のころから早く独立して働きたい、という思いが強く、中学校を卒業すると同時に塗装職人として働き始めました。世の中には様々な仕事がありますが、ただ何となく働くのではなく、しっかりとした技術を習得し、手に職をつけたかったので職人という仕事を選びました。

実家の近くの塗装屋で職人として働いていたのですが、とある現場で偶然HAMA塗装の仕事を手伝う機会があり、コーキング技術の腕を見込まれて当時の社長(現在の代表取締役の幸)から、すぐにうちの社員に、というお誘いを受けてHAMA塗装に入った事がこの会社との出会いです。

元々は下請けの塗装会社だった弊社が、自社で直接仕事を請けられるようにと職人集団から営業強化を図っていく中で、職人から営業へと職種を変え、その流れで現在に至っています。

小さな偶然の出来事がきっかけで、職人から営業へ、会社も下請けから自社請け主体へと大きくなり、そして現在は社長という役職に就いていることには、一つ一つの出会いやご縁を大切にし、真摯に仕事に取り組んできた結果だと思っています。

img
QUESTION 02

社長にとって「塗装」とは何ですか?

塗装の世界は奥深くなかなか言葉で言い表せないと感じる部分もりますが、一言でいうと 「住まいを美しく守る」 という事でしょうか。

「塗装」というと、単に色を塗って外観をきれいしていると思われがちですが、それだけはなく、建物を長持ちさせるために必要なものです。

美しい外観を保つ事もそうですが、遮熱、防水、防汚、防カビ、防藻など様々な効果を建物に付与することができます。お客様の住まいの環境に合わせて的確な塗料を選定し丁寧な施工をする事で、建物の耐久性を高め、長く安心して暮らせる住まいをご提供できます。

塗装はお客様に心地よく安心して暮らして頂くために、必要不可欠なものだと思っています。

img
QUESTION 03

社長が思い描く「会社の未来」や「理想の将来」を教えてください。

会社の未来については、まずはHAMA塗装の事業スタートの地、神奈川でNo1になる事です。

建設業界では、外装、内装などその会社で得意とする事業を基軸にし、不動産などへ展開して大きく成長する会社もありますが、そうではなく、塗装や屋根工事に特化したスペシャリスト企業としてNo1を目指したいです。塗装といえば「HAMA塗装」と言って頂ける企業が目標ですね。

そしてその先には、2021年に5月に練馬事務所も設立しましたので、神奈川はもちろん、東京、埼玉での事業拡大、認知度向上を目指して行きたいと思います。

これまでの仕事を振り返ってみると、16歳からこの業界に入り、良いこともあればそうではない場面も少なからずあり、良くも悪くも社会に揉まれて個人的にも会社的にも成長してきたのだと思います。

今後も各取引業者様はや個人のお客様に成長させて頂き、スタッフ共に高みを目指せる企業でありたいと思っております。

img

まずはお気軽にご相談ください!

電話でのお問い合わせ

0120-609-605

(受付対応時間:9:00~17:00)
Webからのお問い合わせ
お問い合わせ

トップへ戻るボタン